BLOG

その道のプロ

先日カメラマンの大谷さんに撮影していただいた新築物件の外観、リフォーム物件の内観写真がそれぞれ出来上がりました。

この写真ってのは、カメラマンの腕で見え方がだいぶ違ってきます。

いつもお願いしている大谷さんは美人カメラマンさんです。建物を専門に撮っている写真家なのでアングルなどの細かい指示はせずにお任せしています。

外観の方は外構を私たちでデザインして、植栽に関してはプロの造園屋さんにご相談しながら仕上げます。建物を1棟建てた時に、外部に植栽をするとしないではやはり見え方が違います。

今回の外部デザインは、Rのアプローチにシンボルツリーのイロハモミジです。株立ちの綺麗なモミジを入れてもらえました!

いくら、私たちが図面で樹種を指示しても、実際に木のフォルムを選んで持ってきてくれる職人さんのセンスが無いと、思い通りの状態にはなりません。

そう。このセンスが重要になってきます。

 
IMG_5081

 
内観の方は撮影用に私たちで家具や小物、グリーンをセッティングします。家具も何も置かずに撮る場合もありますが、程よく色を足してやることで実際の生活が想像しやすくなります。でもこのインテリアのセッティングは撮影用のレンタル家具屋さんやグリーン屋さんに行って物を選び、それを搬入搬出するところまですべて自分たちでやるため、準備から当日撮影が終わるまで忙しないことこの上ない。

ただ、設計段階からこのインテリアをイメージしながら進めていくので、最後にそれを目に見える状態に仕上げるのはとても楽しい作業です。

撮影の為!と思うと、スイッチが入るのか、頑張ってしまうのが不思議。頑張りすぎる為か次の日は腰や腕が痛いのなんのって。。。

そんな経緯もあって毎回カメラマンさんから上がってくる写真が楽しみです。

今回のインテリアはブリック調の壁タイルとチークの床が落ち着いたイメージです。アクセントにキッチン背面に貼った茶色のガラスモザイクと黒のペンダントライトが効いているので、カフェっぽくまとめてみました。ママ友を呼んでお茶し放題です。

 
 
IMG_9439

 
家、庭しかり、HPしかり、何かを創る時にはその道のプロのセンスを信頼して任せるってのは重要ですね。