BLOG

学童施設④ 外装/内装その2

仮囲いが先週とれた学童物件です。

支援員さんが一目で子供達の所在や状態を確認できるように、なるべく壁は少なく、広く見渡せるようになっています。

8月からオープンも確定し、仕上げに向けて着々と進んでおります。

我が子がお世話になってみて初めて学童保育の必要性を肌で感じ、世間からあまり歓迎されない空間だということも、引っ越し係を仰せつかって初めて知り、コロナの自粛禍では学校に成り代わって存在を期待される、なんとも複雑な立ち位置の施設です。
今回ご縁があって、自宅の土地に自己資金で新築を申し出てくださったオーナーさんは、損得勘定ではなく、単純に子供達のためと、手をあげてくださり、母親として筆舌に尽くせぬ感謝でいっぱいになりました。

そんな学童物件もゴールが見えております🏁

残り数週間気を抜かずきっちり納めていきたいと思います☺️