BLOG

配筋検査

今日は最後の配筋検査でした。

高さ的には5階の床に近いので、足場から下を見ると、ドキドキしました!!😱

職人さんや現場監督はひょいひょいと登ったり歩いたりしてますが

落ちたら死んじゃうかなあ…とか想像しちゃうと、足がすくみました😫

やはり現場監理は危ないところも多いので、私たちも安全第一ですね。

『女性目線』とはなんぞや??

さて、最近使い古され始めている『女性目線』ってなんでしょう?

と、改めて考える機会があった。

当初アーキグラムは私も倉水も女性の分類になるので、2人でやるんだから、『女性目線』を売りにしよう!と勢いでコピーにしたところは多分にあり。

でも、先日ネットテレビの制作の方から改めて『女性目線に関しての特集をやりたいので、協力していただけないか?』という打診のご連絡を頂いた際に、 『女性目線で作った住宅について、女性が喜ぶ工夫などについての取材』ということで、電話で色々お答えしている最中に、はたして私達が作っている住宅や空間は 女性目線の空間なのか?とか、直接お客様に喜ばれているのか?とか、色々考えていると客観的にこれが女性目線だ!と言われた事もないので、不安になってくる。

建築だけではなく、あらゆる分野で『女性目線』がうたわれている昨今、改めて『女性目線』という事を強調するまでもない?と思う反面、まだまだその言葉を伝って私達にたどり着くお客様もいらっしゃる。

・・・・・・。

で、倉水に電話をする。

三木『女性目線って何?私達女性目線で家作れてる??仕事してると脳は男性っぽくなってたりしない?』

倉水『仕事のせいじゃないよ。私達は多分仕事してなくても、女性っぽい事苦手だと思う。っていうか、私は仕事しないとか無理かも。。。人が望む女性目線に合っているかわからないけど、一応女性として現実的にやることやってるのを土台に考えてるんだから、女性目線なんじゃない?』

ほぉ~~~!さすが、我が相棒。いい事言った!!私の不安も吹っ飛んだ( ̄▽ ̄)

そうだそうだ!!忘れてたけど、一応家事やってるし、子育ても頑張ってるし、っていう毎日の土台があったんだった!!

保育園から呼び出されれば、仕事中断して迎えに行くし、家族の為に食事の支度もすれば、食材の買い出しにも行く、洗濯も毎日しなくちゃいけなくて、ゴミをまとめたり、掃除をしたり 、手抜きと言われようと何と言われようと、一応色々やってんだった!!

上に書いたみたいな、子供関係、家族関係、家関係の事に関して、完全に夫と半々っていう家庭はまだあまり多くはないと思う。
やっぱり、女性が対応する事の方が多いんじゃないかしら?
その時、感じる不便やそれを解消する理想、そういうのをお客さんのプランの中に盛り込んでいくことが、私達の『女性目線』だという事に、改めて気づいたのです。

ネットテレビの取材は、時間がなくてお断りしましたが、うっかり忘れかけていた『女性目線』について改めて認識できてよかった(^v^)

アーキグラムはこれからも胸を張って『女性目線』を活かした空間づくりをしてゆきます。